読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米にんぷの日記

しんまいにんぷ

7w0th

日本に帰れるのが嬉しくて嬉しくて仕方ない。

 

これが社会主義か!と思うシーンは実際にはそんなになかった気がする。

 

お店が少ない事くらいかな。

 

でも、こんなにスペインやら、アメリカやらと散々戦ってもなお、彼ら頼みの観光システムがちょっと残念だったかな。

 

もちろん距離が遠いからアジア人向けに、とは言わないけど。

 

もっと門を開くべきだとおもった。

 

とにかく、日本に帰れるのが嬉しすぎて泪がでそう。

 

TAXIみたいな過激な運転をする白タクに空港まで送られて私は生きた心地がしなかったのでトドメを刺された気分。

 

でも、私はもう飛行機で遥か上空を飛ぶ鳥のように自由なのです。

 

はい。私はもうキューバにはいきません。

 

辛い思い出が7割を占めるから。

きっと後から美化されて五分五分になるはず。

 

噂のmorning sickness的な症状が始まり、お腹が減ると気持ち悪いから、ずっとクラッカーが離せず。

レモンレモンレモン!とレモンばっかり求めていたこの2、3日。

本当はキムチが食べたい。

 

本当に妊婦には大変しんどい国ですね。

キューバ

 

バラデロは素晴らしかったけど、次の旅行は是非どこかイージーなところに行かせていただきたい。

 

 最後にcasaのお手伝いの黒人おばちゃんが作ったお弁当を分けてくれたんだけど、あれが1番キューバで食べたものの中で美味しかったという。

なんちゅうこっちゃ。

 

黒人の人の手料理って初めて食べた気がする。

 

東京には美味しいものが沢山あり、差別もなく、事件も少なく、綺麗なものに囲まれてて、

 

これが私たちの当たり前だけど、当たり前のレベル高すぎるから、たまにこんなショック療法も悪くないはず。

 

有好有壞、どんなことも良い面と悪い面両方持ってるんだもん。

 

どっちが良いなんて私の知識では判断できないけど、やっぱり妊婦はハワイくらいがちょうど良いのではないでしょうか♡笑

 

もうすぐ飛行機はメキシコシティにむけ着陸態勢に入り、メキシコシティで8時間ゆっくりした後、ついに私は成田行きの素晴らし乗り物に乗って、我が愛すべき日本・東京に向かいます。

 

この事実だけで笑みがこぼれる。

日本で私を産み、育ててくれた両親に心から感謝するとともに、本当に日本を誇りに思う。

 

あと、彼が日本人で、子供も日本人な事が本当に嬉しい。

こんな風に考える人は多くないかも知れないけど、これは本当に幸せだし、ラッキーなことだ。

 

嬉しいなぁ嬉しいなぁ嬉しいなぁ。

 

 

もちろんキューバも良いところだったけどね😋

早くみんなの元へ帰りたいんです。

 

会いたい人たちが沢山いるってまじ素敵なことだ。

 

6w6th

無事に朝を迎えた。

十二時間寝たのなんて久しぶり!よっぽど疲れてたみたい。

 

朝の水風呂とご飯を済ませ、お金の件無事に解決した旨母と彼に報告。

母からは、「水泳のゴーグル借りたいんだけどどこにある?」っていう本当に心配してない事が伝わってくるメールが入ってた。

 

彼からはご飯まずいっていう内容に対し、「早く帰っておいで〜」の一言。

 

私の構って病は深刻だ。もっと心配してほしい。そして構ってほしい。笑

 

宿主なんて、私のこといちいちプリンセスって呼ぶし、何かあったらすぐに連絡して!ってすごい言ってくるし、私これ位で扱われても全然苦しゅうないんだけどな*(^o^)/*

 

このみんなの、「いい歳の大人なんだから」的な扱い!笑

本当に子供だわ。

 

【今日のテリブルガイ①】

ハバナ大にいたらツーリズムを勉強してるという25歳男子が学内のこと説明しだした。

まぁ学内だしいっかと思ってたら、学外にハバナ大のオリジナルドリンクがあると言い出し、まぁドリンクなら千円以内だろうと思い奢るつもりでいったら、案の定。コーラを水で割ったものを8クックで払わされた。笑

彼はきっと基督教徒だから、神様は君の事見てるよと念じといた。

 

【今日のテリブルガイ②】

ハバナの有名な波打ち際の防波堤が続く道路を写真と音楽を楽しみながら歩いてたらオジィが色々話しかけてきて、見るからに私のタクシー必要としてないのに

「タクシーが必要か?」

って聞いてくるから、

「いやいや、カサに歩いて帰るんだよ」

っていってそそくさ歩いてたら後ろから

キューバ人と話したくない奴がなんでキューバに来たんだ!」

って叫んできたので

「今お前と喋ってるだろーが!聞こえねーのか!」って言い返してやった。

 

【今日のテリブルガイ③】

プンスカしながらも海岸線を歩き続け、疲れたので防波堤で一休み。この防波堤は場所によって下が岩場になってて、瓶とかゴミが沢山落ちてるんだけど、人も降りようと思えば降りれるようになってる。

 

そして私は気持ちよくカリブ海を眺めてたんだけど、ふと200m位右の防波堤を越えた岩場にいる男性と目があった。

よく見ると‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎

マスターベイティングしてるではないか‼︎‼︎

一人爆笑する私。

こんな面白いシチュエーションなかなかない。

まさかハバナの有名なこの場所で、こんなシーンに遭遇するなんて。

 

そしてあろう事かそれが終わった後、彼はうんこ座りしだしたのだ。

すごい。すごい。すごい。

 

その後夜に食べたロブスターパエリアのロブスターは食べられなかった。

 

②の発言はインドに行った時も全く同じ事を言われた。私の態度は無視するわけでも無ければ邪険にするわけでもない。笑顔で、要らないというだけなのに。

今度どっかで言われた時はもっと効果的な反撃をすべきだ。

 

悪阻なのか、夜くたぁっとしてしまい、

お腹減ったからご飯行く時宿主達が外で戯れてたんだけど、夜ご飯のレコメンをされそうになったから「スープとライスが食べたいの」っていったら「baby ask you to eat soup?」って言われて、悪阻ってそうゆう解釈なのかとおもった。

他のメンズ達も、「妊婦はレモンを絞ったスープだ!!体調悪ければ俺たちですぐに病院連れて行くから!」って、みんなに妊婦な事が知れ渡ってて笑った。笑

 

歩きすぎ+上記3名のクレイジーくん達のおかげで私は疲れすぎてしまい、夜は大変気持ち悪くなってしまいました。

 

早く寝ます。

6w5th

朝7時に起きた私は、ホテルのおじちゃんにお願いだからバス会社に電話して、ハバナ行きのバスとってちょうだいと懇願した。

すごい嫌そう、かつ、お金取るからねこの電話っていう冷たい文句を放ちながら猛烈な勢いで取ってくれた。感謝。

 

だって、バス停までまた往復40ブロック歩くの嫌だったんだもん!

 

そしてチェックアウトまでの時間、寝たり、プールサイド行ったり、海でストレッチとヨガしたり。

 

お金のことなんか忘れてのんびり。

海で隣に座った女性の体型、髪型、雰囲気、全てがどことなく母に似ていた。

本当にお母さんをこんなに恋しいと思ったのは何年ぶりだろう。

 

夜からの自分がどうなってるか想像つかず。不安で。クラッカー生活が始まるのかと思うと、震えた。

 

チェックアウト時、最後にチェックした彼からのメールは「昨日ザリガニ食べたよ〜」という、のほほんとした感じのもの。

 

そう。B型の男性ってこうだったわ!ってなった。

 

歴代の彼氏半分以上B型だった、B専の私も、近年結婚に向けてB型と聞くと避けるようにしていたけど、やっぱり魅力あると感じると大概Bなのよね。

 

心配とか、気配りとか、自分がしたい時しかしない彼らの自由さに私は何かを感じるのです。

 

話は戻って、チェックアウト後再び銀行にいって昨日の可愛いぽっちゃりおばちゃんに「やっぱVISAもダメだったよ〜」と言ったら「何言ってんの!大丈夫よ!」って腕を掴まれて、一緒にATMやってくれた。

 

けど結果はだめ。

 

「やっぱりハバナに帰るしかないのね」

と言ったらおばぁもしゅん、としてた。

 

バラデロのビアスール乗り場で待ってると、昨日バスを予約してたイスラエルのカップルが!

 

お金問題でトリニダーキャンセルしてハバナ行くの…っていったら、「カサとかあるの?俺らのカサくればいいよ!一緒に行こう!」って言ってくれ、凄い救われた。

 

バスは一時間遅れで出発。

 

1番前の席だったから、運転手のオジィちゃんたちに絡まれたり、寝たり(窓側席ムッチャ寒いからUNIQLOダウン必須)、して楽しく過ごした。

 

ハバナビアスールは動物園横のターミナルで乗降かとおもってたら、降りる時は旧市街、ハバナ大近く、ターミナルの3つが選べた。

 

旧市街で降り、運命のATMへ。

 

まずはメトロポリタン銀行(近くにあった適当なやつ)→失敗→死にそうになる→絶望

 

イスラエルの友人に待っててもらい、成功した、観光メイン通りのセキュリティつきATMへ。

→→→→→成功‼︎‼︎‼︎‼︎→その場で雄叫び。

 

なんとまぁ、凄い確率ですこと。

初日の朝になんとなぁく寄ったこちらのATMが、キューバで唯一私がキャッシングに成功した奇跡のATMだったとは。

 

一発目で行けたし、どこでも大丈夫だとか思った私が間違ってました。

 

そこからハバナ61に行きロブスターでお祝い。胸焼けがすごくて全然食べれない。

 

イスラエルの友人たちからたくさんのお話を聞いた!

とても興味深いなぁ。イスラエル

行きたいなぁ。イスラエル

その子のオバァちゃんが作ってた、薄切りのナスに色んなものを挟んでる料理凄い美味しそうだった。

 

 

6w4th

色んな事がありすぎた。

 

まずは今日ホテルのツアーデスクで申し込んだバラデロへのバスに乗り込み、レビューも写真も見たこと無いホテルへ向けて出発!

 

バラデロに向かうバスは快適そのものだった。

 

着いたホテルも、下の中というところだけど、ホットシャワーが出るから満足!

 

そのまますぐビーチに向かい、絶句するレベルのカリビアンブルーの海にて遊泳+逗子で焼いたカッコ悪い日焼けの調整をした。

 

するとすごい可愛い子供を連れた男性に話しかけられ、聞いてみるとイギリス永住権をもった、在英20年のエジプト人会計士、そしてこの子は椅子で寝てるキューバ人の子供で自分の子ではない。

 

という。

 

なんだか色々胡散臭い。

 

40で結婚しない理由を「世界が見たいから」という彼に、早く結婚しろしって言ってしまったけど、後から考えたらきっと彼が若い頃はもっと時代が混乱してて旅どころじゃなかったのかも、と思うとしゅんとなる。

 

 

その後も必要に色々親切にしてくれるから、そろそろフェイドアウトしよって時に、

エジ「お酒飲みなよ」

私「いやまじ私普段死ぬ程お酒好きでむちゃくちゃのむのよでもね、そんな私に何が起きたと思う?当ててみて」

エジ「えー、なになに!喧嘩?いや、なんだろ病気とか?」

私「オォ近づいてきた。」

エジ「なになに!教えてよ!」

私「last week, I found out I'm pregnant, 」

って言った時の彼の顔。

 

混乱。

 

アラブ系の人って本当にナンパの時しつこいんだけど、たぶんこれを言ったら即効くことが判明した。

年の功ですね。

こんなかわし方があったなんて。

 

その後もキューバママとエジプト人は海で、モデル級に可愛い2歳くらいの息子はギリギリの所まで行って、そんな二人をじっと眺めてて!かわいそすぎて彼と遊んでしまった。

 

可愛い。死ぬほど可愛い。こんな子欲しい。

 

 

その後世にゆう「キューバの洗礼」「キューバ危機」「キューバATM事件」が起きる。

 

ハバナで使えたキャッシングカードが、なんと田舎町では使えないというのだ。ファッキンサイラスめ。

 

なんと。

私は死ぬほど後悔した。

ハバナでもっとキャッシュ下ろしとけばこんな事には、なんであの時、等々

 

しかしもう後悔しても遅いのです。

 

トリニダー行きをキャンセルするしか方法はなく。

一路、20クックしかない私はハバナに帰ります。

 

昨晩は様々想像して不安になりおえってなった。

でも一口ゲロは吐かず。

 

キューバはキャッシュ。絶対キャッシュ。

 

南米の時キャッシュありすぎてめんどくさかったからキャッシング派になったけど。

やっぱ、キャッシュですわ。

 

先述の、ストレス・悪阻の法則。

やっぱ絶対あると思うわ。

 

あぁ、早く解放されたい。

f:id:mayugoro1234:20160909090139j:image

 

 

 

 

 

一人旅

なぜ一人旅が好きなのか?

 

普段人に合わせすぎてる反動だと思う。

人に合わせて、動き、喋り、表情を作り、休み、歩き、物を食べ、呑み、笑う。

 

これが私だ。

 

と言ったら、何を大げさに、と言う人もいると思う。でも。ほんとにそれが私だと今はっきり思う。

 

本当に気を使うのが趣味みたいな人間なのだ。勿論気が回らない時もあるけど。

 

それに、私はたぶんそれを好きでやってる。

 

疲れる、けど好きだし、もしかしたら自分がそうしてなきゃ安心できないのかもしれない。

 

そして、こうして一人になるときは、普段とは違う、好きな時に好きな事をする自分になれる。

 

冒険が好きだし、誰かに邪魔されるのは嫌いだから、ここぞとばかりにぐだぁっとする。

 

こんな時間も、悪くない。

 

そしてそんな時は海外に限る。

全く理解出来ない、ただの雑音に囲まれる時間。

私は何も気にせず一人でゆっくりと自分と向き合えるから。

 

勿論喋りたい時は誰かと喋れるし。

 

どの国に行っても、言葉は理解できない。英語と中国語はちょっと分かっちゃうからアレだけど。

 

とにかく、怒りや、批判や、罵倒されても正直よくわかんない。でも唯一どこに行っても、笑顔と笑い声は"happy"の意味。

 

笑顔にパワーをもらうために海外にきてるのかも。

 

一人じゃ何もできない私が唯一一人でできることなのかも。

 

一人だったら仲良くなりたいひとと好きなだけ話して仲良くなれるし。

 

あとは他人の会話から学んだり。笑

 

 

あぁ、でも早く彼と猫と一緒に寝たい。

Missing my two boys so bad.

 

 

6w3rd

前評判をしっかり勉強してからの観光ばっかりしかしたことない私が行き当たりばったりなイベントに行く日が来た!

 

ブエナビスタソシアルクラブの名を使ったコンサートが様々あるけど、そのうちの一つに!

 

素晴らしい演奏と歌に感動した!

 

【ハラハラ】

パインジュースで作ってくれたモヒートもどきはどうしても普通のモヒートにしか感じられず、怖いから一口でギブアップ。

 

【びっくり】

おばあちゃまシンガーに引っ張られ舞台で踊る羽目に。→横にいたオランダ娘たちも道連れにしたから、恥ずかしさ半減した。

 

100人以上のリアル欧米人の前でダンス踊る日が来るなんて思ってもみなかった。

 

【おもろ】

①中華街で酸辣湯飲んでたら、凄いイケメンくん店員に「マジで君みたいにこんな可愛い子が1人で旅してるなんて考えられないんだけど。」といってメアドを聞かれた。可愛すぎる。

 

②隣の席にいた局→たぶんCXの撮影隊員さん達が楽しそうに職場の話してて「なんとかまるさん」が凄い勢いで頭弱い的なディスられかたでバカにされてたんだけど、

男「あの人の子供知ってる⁈二人とも天才なんだよ!」

皆「え!知らないっす!」

男「二人とも東大なんだよね」

皆「やばいじゃないすかそれ!」

男「あ違うわ、二人とも東大受かるよって言われてて、あんぱいの早稲田行ったんだった!」

 

って言われた瞬間酸辣湯吹きそうになった私。笑

 

面白かったなぁ。天才って持ち上げてからの早稲田。

もちろん早稲田も素晴らしいけど、東大落ちて早稲田、的な表現ではなく、東大なんか余裕だったけどあえての早稲田にした的な表現だったのがシュール。

 

にしても撮影隊の人たちってこんな所で割り勘ご飯食べて、大変だなって思った。

 

海外取材系の番組好きだけど、広告とか商社みたいにクライアントが居るからうちらの一緒に良いもの食べる、的な世界じゃないもんね。

現場がやっぱり1番大変!偉いなぁ。とつくづく感心してしまった。

 

 

 

 

6w2nd

十三時間かけてメキシコシティにつき

 

昔のルームメイトがわざわざ空港まで来て彼氏と一緒に街を案内してくれた。

 

なんて素敵な時間だろう。

 

彼女とアメリカの田舎町にある大学の寮で過ごしたのはもう8年前。

 

なんとも感慨深い。今は故郷を離れてシティで電機メーカーのブランドマネジャーをしてるらしい。

 

こんなに素敵な女性と出会えた私は凄いラッキーだ。と思う。

 

彼も優しく、本当に素敵な青年だった。

 

もう、私の妊娠を誰かにぶちまけたい願望に負け、メキシコ人だしいっか、と思い話したらドン引きしてた。笑

そりゃそうだよね、ゴリゴリのカトリックの人たちにそんな下品な話はしちゃダメだったわ。笑

 

そんなこんなでオシャレスポットでランチを楽しんでまた空港へ。

 

ややこ、初の海外は大好きな友人との再会を楽しんだメキシコでした。

 

そしていざ、バナナへ!

 

何も調べずに降り立ったハバナは真っ暗で。

でも、普通に走るクラシックカーがなんとも素敵なかっこいい雰囲気をだす。

 

朝は8時に起きてブレックファーストを楽しみながら、本当に素敵な街並みに心を打たれまくる。

 

この一瞬のために私はここにきたとさえ思える。

 

そして、本当にみんなキューバに来た方がいいと思う。

 

あぁ。もう帰っても文句ない。

 

お母さん私を産んでくれてありがとう。

こんなに世界の裏側を見れて私は幸せです。

 

これレベルで街並みが素敵。

 

【心配】

こんな暑い中腹巻してるのになんかお腹がひんやり。

 

【嬉しい】 

メキシコではアナと彼が、飛行機ではジョセフ、宿ではパトリックとターニャにとても親切にしてもらった。

新しい人とたくさん出会える一人旅が大好き。

f:id:mayugoro1234:20160909090118j:imagef:id:mayugoro1234:20160909090117j:image